北海道産のおいしいじゃがいもを格安で通販!男爵、きたあかり、インカのめざめ

じゃがいも王国

ドンコロじゃがいも王国 

ようこそ!

じゃがいも

じゃがいもの種類は男爵薯とメークインだけだと思っている人は
大勢いるでしょう。
思ったよりたくさんの種類のじゃがいもがあります。

品種によってコロッケに合うものや
お菓子に加工するのに合っているもの、
フライドポテトにぴったりな品種などが あります。

意外とたくさんあって驚かれるかもしれませんね。
地域によって好まれる品種も変わってきます。

北海道のじゃがいもの歴史

北海道産の「じゃがいも」のルーツは、
南アメリカはチリのアンデス高地が原産。
ナス科の多年草で、日本に持ち込まれた当初は
花を観賞するためのものだったらしいですね。

オランダ人がジャカルタ経由で日本に持ち込み、ジャカルタイモ(ジャガタライモ)が短くなってジャガイモとなったとか。

明治以降、洋食文化が発達するとともに、食用として栽培され北海道まで広がって来たようです。

北海道は、「じゃがいも」の生産量で全国No.1で、総収穫量のおよそ70%を占めています。
なぜ、北海道が生産量で全国No.1なのかというと、
それは、北の大地の乾燥した空気、朝・昼・夕と寒暖の差がおいしい「じゃがいも」を作るのに最も適しているからです。

「じゃがいも」の男爵が有名になったのは、
門外不出の川田男爵改良の「じゃがいも」があまりにも美味しいで、
皆がこっそり忍び込んでは盗み獲りされ
川田男爵とのいたちごっこがあったとか。
美味しさの話しにも拍車がかかり
男爵イモの名が高まったという言い伝えがあります。

インカノメザメ・・・ほくほく茹でたて
じゃがいも
   実は黄色くまるで栗の様!
アンデス地域で生産されていた小粒種を改良し
昭和63年に北海道で初めて収穫された「インカの目覚め」
もともと、南米のアンデス地域で古くから生産されており、
とても高値で取引されていたジャガイモです。
生産が難しく、生産量がとても少ない為、幻のじゃがいもと呼ばれています。
皮が薄く、割ると実は黄色く黄金のように輝いています。
生の状態で割ってみても、既に少し黄色。
茹でると、本当に栗のような黄色い色になります。
サツマイモにも似た色です。
味は、甘くてホックホク!
皮も一緒に丸ごと食べることが出来ます。
なかなか、手に入らない高級なインカの目覚めですが、
食べてみるとその味にびっくりされると思います。
高級な理由がきっと隠されています。

北あかり・・・ほくほくゆでたて
じゃがいも
表面の皮は赤く色づいているのですぐに見分ける事が出来ます。 
甘みが強くホックホク系のジャガイモです。

メークイン・・・ほくほくゆでたて
じゃがいも
煮崩れしないので、煮物に最適です。

じゃがいもレシピ

じゃがバター

♪いももち         ♪じゃがいものオムレツ
♪じゃがいもとベーコン炒め ♪揚げいも
♪じゃがいものホイル焼   ♪肉じゃが
♪ポテトサラダ       ♪フライドポテト
♪コロッケ         ♪ふかしいも
♪じゃがいもニョッキ    ♪ポテトグラタン
じゃがいもを使った料理は 実にさまざまです。
和洋中どれにでも合う万能な野菜です。料理に合わせてじゃがいもを使い分けるとより美味しく召し上がれる事でしょう。
インカノメザメ、北あかり、男爵にメークイン・・・いくつか種類がありますが、あなたはどのじゃがいもがお気に入りですか?

離乳食レシピ

炭水化物を多く含む点が、普通の野菜とは異なり、 穀類としての性質も合わせ持っています。
いも類として、別に分類されることがありますが、 ここでは、野菜の仲間に入れておきました。
旬は春と秋ですが、一年中出回っていると思います。
柔らかくゆでると裏ごしが簡単で、 水分を適当に足せば、飲み込みやすいトロトロ状にして あげられます。
離乳食向きで、初期から利用しやすい素材と言えるでしょう。

下ごしらえについて

芽を取り、皮をむいた後は 水にさらしましょう。
変色が防げます。
じゃがいもをゆでた後はステップに合わせたサイズに処理します。
初期なら裏ごしかすりつぶし。
後期以降は 手づかみ出来るサイズにしてあげると良いですね。

冷凍保存方法

ゆでて裏ごししたもの、すりつぶしたものは、製氷皿にうつし、冷凍保存をおすすめします。
使うときに使う分だけをレンジでチンするだけなので 何種類か作りおきしておくと時間のない時にもさっと作れて便利です。

レシピ

・じゃがいもの豆乳スープ
・じゃがいもとグリンピースのマッシュ
・じゃがいものクリームコロッケ
・じゃがいもハンバーグ
・じゃがいもと野菜のとろとろスープ

じゃがいものカロリー

100gのカロリー: (生) 76kcal
         (蒸し) 84kcal
         (水煮) 73kcal
じゃがいもには、ビタミンB群、ビタミンC、ミネラル、トイ成分などの栄養素がたっぷり含まれていますし、調理にも強いという特徴があります。
健康的に美しくダイエットしたいという方は、じゃがいものカロリーを高くしないような調理法で料理をすれば、ダイエット効果も期待できるそうですね。

じゃがいもの栄養素

じゃがいもには、ビタミンB群、ビタミンC、ミネラル、トイ成分がたっぷり含まれています。
また調理にも強いという特徴があります。
じゃがいもの栄養素は、煮たり焼いたりしても、崩れにくいのです。ビタミンCなどは、火を入れることで、その成分が壊れてしまう、といわれていますが、
じゃがいもは、その成分を残すことが出来るのです。
つまり、ガンや高血圧の予防、心筋梗塞といった現代の生活習慣病に非常に強い食品だ、ということがいえるのです。
ビタミンCが崩れにくい、ということは、お肌にもいい効果がある、ということにもなりますね。
■じゃがいもの利尿作用、整腸作用
じゃがいもは利尿作用があるといわれています。
体内のナトリウムの量を調節するというカリウムが、じゃがいもには、たくさん含まれているのです。
また、じゃがいもには、整腸作用というものがあります。
つまり便秘にも高い効果を発揮する、ということです。
もちろん、食物繊維も豊富。
鉄分も高く入っていますからかなりのパーフェクト食品ということになります。

★じゃがいもの芽の成分      
じゃがいもの芽や緑に変色した皮の部分には、
ソラニンというアルカノイドが含まれます。
このアルカノイドを含んだじゃがいもの
芽や緑に変色した皮の部分を食べると、中毒症状が出てしまいます。

じゃがいも中毒を防ぐには・・・。
じゃがいもに生成されたグリコアルカノイドは熱に強いため、
調理して火にかけたとしても分解はほとんどされません。
中毒を防ぐためには調理するときには芽は必ず取り除くこと、
緑に変色している皮は厚めにむくこと、
すぐに食べずに保存しておく場合は
できる限り光を当てないということに注意を払いましょう。
毒性を少しでも減らすために、
皮をむいてから水に浸すことも大切です。
グリコアルカノイドは水に溶けやすい性質を持っていますので、
少しでも水の中に溶け出す ようにしましょう。

ご注文はアリビオスーパーで承っています。

アリビオスーパーの

ご注文画面へ.jpg

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional